スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の乗馬クラブ~♪

最近mixiに参加しました~(おじんですが・笑)

mixiに参加して、トイガンの仲間から始まりましたが
コミュニティーを散策していると・・・馬関係を発見!!
次々にサーフィンして行くと

なんと!!”乗馬クラブ・クレイン千葉”のコミュニティを発見
あああぁぁみっけたぁぁ~~~~

早速書き込みしちゃいました(笑)
次の日に”足あと”に何人か着て頂いており、何となく嬉しい気分

クレイン千葉の会員さんもみっけ!!♪
もう直ぐにお返事を差し上げました

メールのやり取りの中で友達登録となりルンルン気分

「クレインで明日会いませんか♪」とのお誘いを頂き
翌日ウキウキしながらクレインに向かった次第です

クレインには30年ほど前に入会した超最古参のメンバーの
私ですが、最近の会員さんに知っているからが居なく
また指導員も転勤等で知らない人ばかりになり
だんだんとクレインに行く回数が減っていた矢先でしたのです

メールでしか話した事の無い方との出会い・・♪
緊張しますね~(笑)
その方が女性だったのでおじんとしてはウキウキ・ドキドキ

クレインのロビーで発見~♪

スタッフのお手伝いをなさったおられましたが、時間を作って頂き
2時間ほど乗馬のお話をさせて頂き、
とても楽しく過ごさせて頂きました

じゅんさん~有難う御座いました

100528_1151_02.jpg


じゅんさんからの情報で、明日はBariさんがレッスンに来られるとの事
明日も行こうっと

翌日、またクレインに赴き・・Bariさんとお会い出来ました~(^^)
Bariさんのレッスンが終わり、ランチを御一緒しながら
馬談議に花が咲き・あっと言う間の1時間

Bariさん有難う御座いました

この日はBariさんにお会い出来た事以外に
嬉しいサプライズが有ったのです~(^^)

Bariさんが騎乗中にクラブハウスのテラスにいましたら
何となく見覚えのある女性が・・・・!
つい声を掛けていました

「メインチャンスを持っていた?」
「そうです♪」

懐かしい再会でした20年ぶりくらい?

49623657_3238180387.jpg

私が手放した後の”メインチャンス”のその後の行方も
再開したその方から情報を頂き嬉しかったです~♪

別の乗馬クラブに行って他の方から可愛がられて
数年前にあの世へ旅立ったそうです。

このハンター種のメインチャンスは、遥々とオーストラリアから日本に
来て、私の馬になりました

数々の障害の試合で良い成績をおさめられたのも、このメインチャンス
のおかげでした・・

おとなしく、顔も美男子で♪ 性格も最高
ジャンプも勇気が有り力強く・・本当に素晴らしい乗用馬・競技馬
でした。

★★★ メインチャンスありがとう  ★★★



昔の馬の話題に本当に嬉しく時間がアッと言う間に過ぎてしまいました

昔の仲間や、新しく知り合いになれた、じゅんさんBariさんに
会いに
またクレインに行く事になりそうです~(笑)

スポンサーサイト

ダマスカス熱再燃~(汗)

カスタムナイフメーカーのナイフの購入はずっと我慢していたのに~(@@)
最近、自分で作ったダマスカスナイフを久しぶりに持ち出し、眺めているうちに
また、ダマスカス熱が再燃し出してしまいました~(汗)

バブル全盛期には湯水のように高価な(モデルガンよりももっと高いですです)カスタムナイフを
次々とコレクションしていたのですが・・・・!!

自分で製作を始めてからは、購入するより自分で作る方が多くなったのに~~~!!

先日、懇意にしているナイフ屋さんから、写真付きのメールが届いて・・・
「こんな出来のいいダマスカスナイフが入荷しました」~~なんて悪魔の誘惑~(汗・涎ごちゃまぜ)

hiyoahiko-img500x375-1274089161o5kxco93035.jpg


イギリスのダマスカスのカスタムメーカー”WILLIAM EDWARD”作の惚れ惚れするダマスカスナイフ~♪
値段も一流~(ドキッ!!)

私・・自作でこのタイプのナイフは作っているので・・と言う事は・・
このブレードの形状が大々好きなんです~(誘惑汗)

KNIVE0007.jpg


もう、預金残高も忘れ・・ナイフ屋さんに即座に注文メール出しちゃってました~(破産汗)


ダマスカス模様も素晴らしく・・ハンドル材はキャメルボーン(ラクダの骨~♪)
1095カーボンスチール&L-6/15-N-20ニッケルロウカーボンによる鍛造品。HRC57-58。
全長26cm。ブレード13.5cm。刃厚5mm。レザーシース付き。
私が作ったものよりふた回り長い~(@@)

hiyoahiko-img500x375-1274089161lidjzn93035.jpg

シースがチョット気に入らないので、新しく作り直し・・っと~♪

ハンドルのキャメルボーンはとても良い雰囲気だけれど・・・!
いつか、MOPに付け替えるかも~(^^)

フロント・バックのボルスター部分に井浦先生にお願いしてエングレしようかなぁぁ~~~♪

なんて想像を廻らすだけでもルンルンルン~♪

hiyoahiko-img500x375-1274089161owr3em93035.jpg

長物に・・・そしてダマスカスナイフ熱再燃なんて
わたしゃどうすろ・・・・どうするぅぅぅ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(@@)




自作ダマスカス・ナイフ達

今回はモデルガンでは有りません~(^^)

GUNの以前はナイフに嵌っておりました~(どっぷり汗)

随分カスタムナイフをコレクションしておりましたが、殆ど手放したり
友人にお譲りしたりと、今では100本ほど有ったナイフ達も、30本くらいに減ってしまって~(しゅん!)

プロのカスタムナイフメーカのナイフはもう殆ど残っていないかなぁ~~!
ただ自分で製作したナイフには愛着が有って残していますです~(^^)

特にダマスカスの美しい模様に魅せられて、高価なダマスカスの板を購入し
自分で作ったナイフ達は、自慢です~(笑)

今回は3本の自作ダマスカスナイフのご紹介~♪

★ダマスカスの発祥の地から、ブレードのデザインがトルコや中近東風が似合うと
 そんなイメージで製作したものが多いかな♪

DSCN5676.jpg

いかにもペルシャ風のデザインでしょ~(^^)
ハンドルはスタッグダマスカスの模様は”ラダーパターン”
アラビアのロレンスの映画に出てきそうなナイフでしょ♪

DSCN5675.jpg

ご覧下さいこのダマスカス模様・・・・!!
見惚れてしまいますです~(^^)

★このナイフは”ボウイナイフ風”アラモの砦!デビークロケット!
 西部開拓時代のナイフイメージでの製作です♪
 ハンドルは勿論、サンバースタッグヒルト部分にはグルリト周りにファイルワークを
 施しています♪

DSCN5672.jpg

このダマスカス模様は、ダマスカスの模様の中でも超高価な部類の”バーズアイパターン”
一番高価なダマスカス板です! とにかく輝きが違います♪
写真ではなかなか表現出来ません~(汗)

DSCN5673.jpg

DSCN5674.jpg

実に美しいダマスカス模様ですね~♪


★こちらのナイフも、”ボウイナイフ風”オーソドックスなスタイルです。
 頑丈な厚みのアルブレードは西部開拓時代の典型です!
 ハンドルはスタッグ、お気に入りです♪
 ヒルトの形状はファイティングスタイルです!!

DSCN5671.jpg

DSCN5670.jpg

こちらのダマスカス模様は”ラダーパターン”になります
 バーズアイの次に高価なパターンです~(^^)

ダマスカスの魅力をご堪能下さい ませませ~(笑)

MGCコルト32オート初期型製作中♪

日記を全然更新してなくて・・・(汗)
これから更新頑張ります(笑)

と言う事で・・・現在製作中のモデルガンです!
素材はMGCコルト32オート初期型、この初期型はとても珍しく
数は少ないはずです!
実銃にも初期型と後期方が有ります、刻印の違いやスライドの長さが違うようです、初期型の方がスライドが長いのです、刻印の違いとしては
スライドのセフティー側の刻印文字が違います、またセレーション後部のコルトの跳ね馬マークが円で囲まれています♪
但しMGCの場合は金型が前期後期とも同じですのでスライドの長さは々で刻印だけが違うのですが!

このMGC32オート後期方をラッキーにも手に入れましたので早速
井浦先生にエングレーブをお願いしました♪

エングレーブが完成して戻って来たのですが、MGCのHWをいくら表面を研磨磨いてもブルーイングが出来る状態になりません~(汗)
以前よりMGCのHWはいつも綺麗なブルーにならなくて困惑してはいたのですが・・・今回の物はもっと最悪、スライドとフレームそれぞれ
研磨後の色合いが違い・・と言う事はHWの金属粉がそれぞれ違うと言う事でしょうか?

15455.jpg

ブルーイングがだめなら、メッキ仕上げにと思い、メッキのプロの方に尋ねた所、やはりMGCの初期の頃のHWは試行錯誤中の為、どの様な金属粉が混入されているかわからない為にめx知己の仕上がりが保証出来ないとの回答でした~(ショック汗)

もう最後の手段・・・塗装だと!!!

仲間内で塗装の名人の知り合いに塗装の依頼を快く引き受けて頂きひと安心~(^^;)

さすが名人・・素晴らしいシルバー塗装です♪

32auto.jpg

さて、金属パーツも黒い塗装を剥がしミラーになるまで研磨、ピンクダイアモンドを塗り仕上げています。
最後に残るはグリップ・・・♪

自称グリップ職人(?)としては何かカスタムグリップを製作して装着と考えてはいるのですが・・!

このエングレ32オートを欲しいと名乗りを上げて頂いている方が
3名ほどいらっしゃいます、その中のお一人が、ウッドでコルトマーク入りのチェッカリングが好きとの事も有り、当初は象牙で製作する予定でしたが迷っております。
そのウッドでコルトマーク入りのチェッカリンググリップとなると
Sさんに依頼する事も考えて問い合わせした所、機械で作る場合でも困難との返答が有り、自分で作るしかない状況ですが、これまたかなり困難かもです。

つい最近この初期型の32オートをCAWから予約販売されていますが
この限定100挺にはこのウッドでコルトマーク入りのチェッカリンググリップガ標準装備になっていますので、先日CAWに問い合わせ、このグリップ単体での販売予定を尋ねた所、販売しないとの回答でした。

ZZZ32auto-e-p143.jpg

やっぱ自分で作るかな~~~!

てな状況です~(^^;)

ただどなたのもとに貰われて行くのかもまだ決まっておらず、決まってからその方の希望のグリップを製作するのが良いのかもです。

嫁に行く相手が決まらなければ、ヤフオクに出品するかな?

早いもん勝ちですよ~~(笑)

493503_1273911825.jpg

493503_1273912379.jpg
プロフィール

メインチャンス

Author:メインチャンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。