スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAAスタッググリップ

ご依頼の”バットマスターソン”スタッググリップを製作しています。

このマルシン”バットマスターソン”は現在2種類の刻印違いが確認されています。この2種は刻印が違うだけでなく仕様も若干違っています。一方はシリンダーベースピンが前方に抜けないタイプで、完全分解して後方から外す仕様となっています。またシリンダーの長さが約0.3mm長いタイプです。インサートはシリンダーのほぼ真ん中にあります。従ってダミーカートも装填できません。当然ながら両方とも銃口は完全閉鎖されています。

マルシンバットマスターソンの魅力は金属製でしかも完全なリアルサイズという点でしょう。手に握れば実物そのもの
を手にしているかの様な感覚です。相当研究して開発されたものだと思います。金属SAAの集大成と言っても良いと
思います。

【上記説明は・MODEL GUN MANUFACTUREより使わせて頂きました】


bm-1.jpg

金属製のSAAでは最高峰のデティールだと思います~♪

このバットマスターソンのグリップをインドサンバーで・・とのご依頼が有り
手持ちのインド鹿で作れる最後のSAAのグリップとなりました。

今後はSAAのグリップを作れるほどの超特大の太いスタッグはまず入手出来ないと思いますので、
失敗が許されないと言うプレッシャーが有ります。


インドスタッグは世界中のGUNのグリップに使用されています、日本の蝦夷鹿やヨーロッパの鹿の角と
比べれば、遥かに蝦夷鹿の角の方が姿かたちは美しいと思うのですが
太さが無く、また表面の模様の彫の深さも浅く、ナイフのハンドル材には使えますが、GUNの
グリップにはまず使えません、使えるとしてもコルト25オートやデリンジャー等の
極小さなグリップだけなのです、このスマートさには欠けるズングリムックリのスタイルですが
今や超貴重な極太のインドサンバースタッグなのです。




ZZ12~1


スタッググリップの制作上の難しさは、何と言ってもその表面の模様をどれくらい残すかと言う事に
尽きるのです!!

下の写真の様にこれほどの太さが有る角でもSAAのグリップがギリギリ取れるサイズですので
カットを少し間違えただけでも、使い物にならなくなります~(泣き)
太い木では考えずに済む事ですが、スタッグは中間部分の太さでもガバのグリップの幅がギリギリ
ですから、作業は困難を極めます。


DSCN4817.jpg

SAAは角の付根部分の一番太い部分を使用します。
この部分を切り出し、真中よりカットすると、裏表で(一対の角の場合)2挺分のSAAのスタッグが作れます。

こうして”バットマスターソン”のスタッググリップがここまで出来上がりました
ご依頼はツーピース仕様ですので、まだスクリュー穴を開けなければなりませんが
ここまでくればもうすぐ完成です、表面のスタッグ独特の模様も残せて
かなり良い感じの模様が残せました~♪



DSCN5490.jpg

DSCN5493.jpg

ご依頼主さまには随分とお待たせ致しましたが、もうすぐ完成致します。

インド政府が10年ほど前にインド鹿の角の輸出を禁じた為、世界中のスタッググリップの材料の
入手が出来なくなり、GUNの本場であるアメリカでも残り少ないスタッグとなっており
とても貴重なスタッググリップとなります。

スタッググリップのファンはとても多いと思いますが、これからはますます本物のスタッググリップの
入手は困難になります。

CAW32オートのMOPグリップ

ついにCAWよりコルト32オートの予約が始まり、いの一番で予約!
手元に届き、新春のブラックホール会場にて、井浦先生にエングレーブの依頼を
しました。

CAWラウンドネービー・ベレッタ1934に続く3挺目のエングレの依頼です♪

2作目の1934は今はよしむねさんの元に嫁に行きましたので
手元には2挺目のコレクションになります。

グリップは象牙にするかMOPにするか?
迷ったあげく・加工の困難なMOPに挑戦!!


【手持ちの白蝶貝(マザーオブパール)の原貝達!】
DSCN5484Z.jpg

白蝶貝はとても硬く、また割れやすいので慎重に金鋸でカット!!

まず片方のグリを作ってみた!


【もう片方はまだ切り出したままの状態!】
DSCN5394.jpg


グラインダーやベルトサンダーを駆使しての削り出し(**)
寒い中の屋外作業!!
物凄い白い粉塵が舞い上がります・・・・・
もちろん防塵マスク着用、ベルトサンダーで削る間に摩擦で触れないほど熱くなります
分厚い軍手をしていても熱くて持てなくなります!

ナイフを削るときもステンレスが熱くなりますから、時々は水の入ったバケツに
突っ込んで冷ましてまた削るのですが、貝は急に水で冷やすと割れる恐れがあるので
暫くは自然冷却・・・時間が掛かります~(泣き)


【もう片方もとりあえず完成♪】
DSCN5398.jpg

両方のグリが一応出来たのだが・・・良く見ると最初に作った方の上の方に、なにやら・・
中にひびの様な割れか模様が・・(ショック!)

仕方なくまた作り直したのです!!


【それで出来上がったのがこちら♪】DSCN5405.jpg

白蝶貝のグリップは作るのは大変だけれど・・その出来上がりの光り輝く模様を見ていると
疲れもすっ飛びます~♪

光の角度でキラキラと模様が変化して・・・それは美しいです!!
そこがイミテーションパールとの大きな違いモノホンの素晴らしさですね。

井浦先生よりエングレーブが完成したとのお知らせを頂き
翌日届きました~(^^)


【まずは・・作っておいたMOPのグリップを装着】DSCN5442.jpg

うううんん~~いい感じ♪

まだまだ完成には日にちが掛かります・・ブルーイングしたり・グリップにメダリオン埋め込んだり♪
バレルのシルバー塗装かメッキ!・・・・etc


続きはまた後日・・・・♪

いよいよブログを始めます♪

BBSからスタートしていますが、そろそろこちらのブログも始めて行きたいと思います♪
ちゃんとアップできるか不安が一杯ですが・・・(汗)

以前よりお仲間の皆さん方のブログやHPを訪れる度に、自分のブログかHPを
持ってみたいなぁぁーなんて思っていたのですが、懇意にして頂いております
塔四郎さんより、HPを作るのだったら任せて!!♪なんて嬉しい申し出を
頂き、こうして始める事が出来ました・・・(歓喜)

ブログをスタートするに当たり、まずは塔四郎さんに感謝致します~(最敬礼!)


ZZZZZDSCN546.jpg
【今製作中のCAW・コルト32オート♪エングレーブ井浦先生・MOPグリップ私作】

3年前にはトイガンに全くと言っていいほど興味が無かった私ですが
ひょんな事から、ヤフオクのトイガンのコーナーに迷い込み♪
トイガンの世界を知ったのがきっかけでした。

それ以前は、趣味と言えばバブル全盛期の頃にカスタムナイフのコレクションや
自作のナイフ作り・そしてスポーツは乗馬に嵌っていました。

トイガンは高校生の頃に、2~3挺持っていた記憶はありますが、それ以後は
何故か縁が無く、つい3年前から銃に嵌ってしまった遅咲きの私めで御座います!

今の時代インターネットと言う便利なものが有り、銃に嵌ってから最初に
辿り付きましたサイトが”yonyon”maimaiさまのHPでした!

yonyonさいとからリンクを辿り始めて・・・多くのトイガンのブログやHPを
知る事になり、中でも”偽レーサーT様のモデルガンミュージアム”に集う
方々の物凄さに驚きと憧れ・・・そして毎日のように眺めるだけの日々でした♪

銃の知識に乏しい私にとっては、この方々のBBSに書き込む勇気など無く
眺める毎日・・・(日々勉強汗)

ヤフオクでモデルガンに魅せられて1年が経ち、ナイフ製作の知識が有った事から
GUNのグリップの自作を始めておりました、始めはヤフオクで手に入れた
自分のコレクションの銃に装着されていたプラのグリップが気に入らず、作り始めたのです。

ナイフの自作の時もそうでしたが、いざ銃のグリップを自作し始めると面白く♪
元々こう言う事が好きな性分ですので、ジャンクの安いトイガンを沢山落札(^^)
グリップ製作の為のプラのグリップの入手の為でした、ジャンクですから
安いのですが、箱なし・説明書なし・の代物ばかり(**;)
分解しても説明書が無いし知識も無い為、組み立てられず(泣き笑い)
プラのグリップさえ手に入れたからいいや!! と自分に納得♪

今でもこの頃のジャンクばらばらGUNがごっそり放置されております(ガァァン)

1年ほどして銃のグリップ製作も自信がつき始め、
ヤフオクに自作のグリップを装着したモデルガンの出品を始めました。


DSCN5321_convert_20100129151153.jpg
【玉ちゃんご依頼のエンフィールドポリスとインドサンバースタッググリップ・製作前】

ある時夜、いつものように”モデルガンミュージアム”を眺めていた時
巨大帝国”I Love Western Arms”のfrat_out様が
「最近ヤフオクで入手しました!」とのコメントで写真が出ていました
それがなんと私の出品したスタッググリップの装着されたGUNでした!!
驚いたのなんの・・・(**) 目が点になりました!!

落札して頂いた方とのやり取りで、その方のIDや本名は知ってはいますが
その方のハンドルネームとは結びつかないのです。

その時に初めて落札して頂いた方が、あの巨大帝国のfrat_out様だったと分かりました
もう嬉しくて嬉しくて♪♪

それまでは”モデルガンミュージアム”をただ眺めているだけの私でしたが
frat_out様の書き込みを見つけてから、清水の舞台から飛び降りる気持ちで
思い切って震える指で、(笑)
書き込みをしたのです・・・(汗)

書き込みをして直ぐに・・・・
「自称館長代理」の花ちゃんから・「ようこそいらっしゃいました♪」との
コメントを頂き、これも嬉しくて♪
その後も、T館長さんを始め常連の皆様より優しいコメントが次々に・・(歓喜)

新参者の私を皆様が暖かく迎え入れて下さり本当に嬉しい限りでした♪

こうして私の遅咲きのトイガンライフが始まったのです。


DSCN5334_convert_20100129151525.jpg
【エンフィールドポリスブルーイング&スタッググリップの完成・玉ちゃん所有】

最初に訪れたyonyonサイトのmaimaiさんとも先日のブラックホールでお目にかかれたことも
嬉しい出来事でした、また巨大帝国のfrat_out様ともついにお会いする事が出来ました♪

3年の間に多くのトイガン仲間が出来、トイガンを通して皆様と知り合えた事こそ
私にとって一番大切な宝物です!

この度HPをスタート出来ましたのは一重に皆様のお陰だと感謝している次第です。

今後とも”メインチャンス・カスタムグリップ奮闘記”を宜しくお願い致します。

メインチャンス
プロフィール

メインチャンス

Author:メインチャンス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。